土地や建物の事を総じて不動産と呼んでいます

不動産と言うのは即ち、動かざる産物として、その代表的なものに土地や建物があります。
つまりは地面です。
私たちの住んでいるこの家、全てが地面の上に建てられていると言う事になります。
家には必ず評価額と言う、価格があります。
ですが、その家が建っているその地面にも価格があります。
社会的にも良く言う一坪幾らと言う言葉があります。
つまりは地面にもしっかりとした価値があると言う事になる訳です。
そしてその所有者は個人であったり、市町村であったり、また、国が所有していると言う事になります。
そのために、その土地で勝手に物事を始める事が出来ないと言う事になる訳です。
もちろん、現在建っているある建物があります。
その建物には誰も住んでいないと言う場合もありますが、無断で勝手にその建物を使用すると言う事は出来ないと言う事になります。
必ず個人や団体、そして地方自治体やその他に所有権があり、必ず許可を通して借りたりする事になる訳です。
そしてそれには金銭関係が含まれます。